カーボンフットプリントの検証

地球温暖化は、温室効果ガス(GHG)、特にCO2の排出量を削減するための早急な対策を必要とするペースで進行しています。これは、あらゆる規模や業種の企業に当てはまります。ISO 14064規格は、GHGインベントリにおける排出量の定量化と検証のための明確なガイドラインと要件を、組織レベルとプロジェクトレベルの両方で提供しています。

企業文化の一部としての気候保護

企業に対する信頼性の向上

温室効果ガス排出量削減の透明性

貴社の競争力の強化

ISO 14064に関する情報

ISO 14064シリーズの規格は、3つの規格から構成されています。ISO 14064-1は、企業の温室効果ガス排出量の会計処理、すなわち、企業のカーボンフットプリント(CCF)を確立するための基礎となる規格です。この規格は、企業内の温室効果ガスインベントリを計画、開発、報告するための原則と要求事項に関する情報を提供しています。

ISO 14064-1規格は、企業のGHG排出量を構造的に記録し、カーボンフットプリントの削減に具体的に取り組む際に役立ちます。この規格は、GHG会計とその検証のための枠組みを提供します。このように、ISO 14064-1は、同時に、しっかりとした報告書を作成するための基礎でもあります。このようにして、気候変動対策における組織の努力と成功を目に見える形にし、それを伝えていくための基盤を作るのです。

ISO 14064-1の内容は、温室効果ガスプロトコル(GHGプロトコル)に基づいています。この規格は、いわゆる炭素会計を標準化するために、持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)と世界資源研究所(WRI)が1998年に発表したものです。この規格は、ISOのウェブサイトから入手できます。

ISO 14064シリーズの規格の他の部分は以下の通りです。

ISO 14064-2は、温室効果ガスの除去または排出量の削減をプロジェクトレベルで記録するために使用できるガイドです。

ISO 14064-3は、CO2会計の検証の基礎となるものです。検証に成功したDQSは、この規格をベースに、排出量のバランスをとるための関連要求事項が満たされていることを証明します。

企業や組織は、3つの規格すべてを適用して排出量を記録することができます。これにより、温室効果ガスプロジェクトの実施および開発を促進することができます。

もっと見る
もっと見る
Loading...

ISO 14064-3に基づく企業のカーボンフットプリント(CCF)検証はどのような人に適していますか?

CCF検証のオプションは、あらゆる分野の企業や、自治体、公的機関、団体などの組織に開かれています。地球温暖化防止に貢献したい、自社のCO2フットプリントを伝える自信をつけたい、持続可能性や気候変動対策に注力することで対外的なイメージを向上させたいと考えている人を対象としている。最後に、検証では、将来予想される法的要求事項や顧客固有の要求事項を早い段階で考慮します。

Loading...

ISO 14064-3検証の利点は何ですか?

気候変動の影響は、今日すでに明白です。この傾向を逆転させるために、すべての社会勢力は、温室効果ガス(GHG)の削減に貢献することが求められています。同時に、気候保護に関するパリ協定以降、企業や組織に対する政治的圧力も高まっています。ISO 14064シリーズの規格は、企業にとって以下のようなメリットがあります。

  • 企業に対する信頼を生み、顧客からの信頼性が高まります。
  • ステークホルダー、ビジネスパートナー、顧客、投資家にとって、GHG排出量を定量化して報告することは、気候変動対策を企業の責任として認識している証拠となります。
  • 気候変動対策を企業文化の一部としている。
  • 組織のカーボンフットプリントを削減するためのコントロールレバーを特定し、この問題の関連性を従業員に認識させる。
  • 温室効果ガス排出量の削減における透明性が得られます。
  • DQSグループのような独立した第三者機関による検証により、国際的に認知された基準に基づいて、バリューチェーンに沿ったGHG排出量削減の取り組みにおける組織の進捗状況が透明化されます。
  • 検証は、まだこの道を歩んでいない競合他社との差別化につながります。カーボンフットプリントを決定 し、それを検証・確認することで 、企業や組織はいくつかの重要な副次的目標を達成することができます。
  • 排出コストの上昇により、企業がさらされる直接的・間接的な財務リスクを定量化できます。
  • CO2排出量を削減できる領域を特定することができます。
  • あなたは、サプライチェーンにおける排出量を報告したい、あるいは報告する必要があるステークホルダーの情報ニーズを満たします。
  • 製品、サービス、および組織の気候変動への配慮に関して、情報に基づいた声明を出すことができます。
  • 気候変動に配慮した投資を好む投資家を惹きつけることができる。
  • カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)のようなランキングや格付けで、より良い結果を得ることができる。
もっと見る
もっと見る
Business28.png
Loading...

ISO 14064-3検証のプロセスはどのようなものですか?

最初のステップは、お客様の会社、組織、ニーズ、期待について知ることです。適用される規格や仕様を含む検証の目標が定義されると、事前評価のための見積書を受け取ります。

事前評価では、例えば、課題の正確な性質、適用範囲、目的およびその他の基準を明確にします。その結果に基づいて、DQSは計算書を作成し、検証を計画します。これらの情報は、貴社の個別のニーズに合わせた詳細な見積書に反映されます。すべての関連サービスおよび適用される審査・検証基準が明示され、同意されます。

契約した検証チームは、事前に準備した計画に基づき、適用される基準と仕様を適用して、各ステートメントをチェックします。とりわけ、証拠の収集と調査、現場の訪問、見積もりと計算の再構築と分析が行われます。

必要に応じて、事前のドキュメントレビューが検証を補足します。すべての調査結果を含む検証結果は、最終ミーティングでお客様に提示されます。必要に応じて、アクションプランに合意します。

検証後、DQSの独立した認証委員会により検証結果が評価されます。すべての要求事項が満たされた場合、貴社に検証宣言書が発行されます。

別の報告書または宣言書の検証のために、例えばその後の期間については、再検証が行われます。各検証は、お客様の組織のそれぞれのGHG声明に対して有効であり、したがって有効期間はありません。

Banking13.png
Loading...

GHG報告書の検証にはどのような費用がかかりますか?

個別見積り

GHGステートメントを検証するために、DQSの審査員は、お客様の組織に特化して活動します。弊社の審査員は、貴社のニーズに合わせて審査を行います。例えば、検証には数日から数週間を要します。DQSグループとの個別見積もりをご希望の場合は、お問い合わせください。お問い合わせはこちら

Business2.png
Loading...

DQSが検証のための最適なパートナーである理由は?

DQSは、技術、規制、および業界に関する総合的な専門知識に基づいて、貴重な情報を提供します。DQSの審査および検証は、貴社を徹底的かつ綿密に調査します。これこそがDQS社が期待される役割です。

  • 個別に算出されたオファー
  • 契約期間の柔軟性
  • コミュニケーション能力が高く、規格や業界に関する深い知識を持つ審査員
  • 国際的に通用する検証
Contact-us1.png
Loading...

見積もりを依頼する

DQS Japanからお見積りを提供いたします

ISO 14064検証のカスタマイズされたお見積りをご提供させていただきます。