生鮮食品の安全性と品質の認証

QS認証は、生鮮食品を生産・加工・販売する企業が、その高い安全性と品質を第三者機関によって確認することができる認証です。QSテストシールは、食肉、食肉製品、果物、野菜、動物飼料に付与されます。世界中で認められており、ドイツでは食品加工会社の標準となっています。

食品の安全性と品質が証明される

プロダクションチェーンにおける透明性の向上

世界的に認められた承認シール

他の認証との併用が可能

Beschreibung Standard/Regelwerk
Loading...

QS認証 - 食品小売業者や製造業者にとって重要な承認シール

2000年代に入り、様々な食品危機が発生し、消費者の不安は募るばかりでした。その反動として、ドイツの食品業界の最も重要な協会がQS認証を設立しました。これは、認証された食品が最高の品質と安全基準を満たすことを保証するものです。

QS認証は、自社製品に対する消費者の信頼が低下したことに対する食肉業界の対応策であった。そのため、当初、QS認証は食肉と食肉製品に限定されていた。一方、果物、野菜、動物飼料もQSに準じて認証されるようになった。QSシールの規格は、ドイツのQS Qualität und Sicherheit GmbHによって開発された。QS認証シールは、食品の生産サイクル全体を対象としています。QS認証のもとで行われる品質保証は、3つの管理レベルに基づいています。

  1. 運営上の自己監視。フードチェーンのすべての参加者が、QSシールの要求事項を誠実に遵守することを保証し、その対策を文書化する。
  2. 承認された審査員による独立審査。食品製造・加工企業は、定義された基準に基づいて包括的に検査され、分析されます。これらの作業は、DQSなどのQS認定審査機関が行います。定期的な検査により、品質保証のギャップが即座に明らかになります。同時に、モニタリングプログラムにより、実験室検査が定期的に実施され、すべてのデータが体系的に記録されていることが確認されます。
  3. コントロールのコントロール恒久的な内部統制システム(PICS)の助けを借りて、品質保証のプロセス全体を再度チェックします。こうして、審査員の仕事は、より高い権威によってチェックされるのです。これは二重の保証であり、食品の安全性と品質を再び確認するものです。

審査・検査は、リスク志向のアプローチで行われます。品質管理上のミスが頻発する場合は、個々の検査の間隔を短くします。

もっと見る
もっと見る
Zielgruppe
Loading...

QS認証はどのような企業に適していますか?

QS認証シールは、生鮮食品を生産・保管・販売するすべての企業に適しています。この認証は世界中で認められているため、国内外を問わず生産された食品に使用することができます。

食品市場では、以下の企業がQS認証を取得することができます。

  • 食品小売業。ここでは、主に食品保管の品質と安全性が管理されています。従業員の衛生状態や保管温度などの要素も重要な役割を担っている。
  • 食肉産業。食肉加工工場では、コールドチェーンが一貫して維持されているかどうかなどがチェックされます。また、食肉製品や食肉の包装もチェックされます。
  • 畜産業:肥育農場や繁殖場では、獣医師の定期的な訪問が行われているか、動物種に適した飼育が行われているかなどをチェックし、QS認証の一環として行っています。また、厩舎や屠畜場での定期的な衛生チェックも審査に含まれます。また、加工工場への動物の輸送は、QS認証を受けた企業のみが行うことができます。
  • 飼料生産者。ここでは、主に原材料の品質に焦点が当てられています。QSシールの基準を満たすためには、原材料が衛生的に安全で、有害物質を含まず、適切に保管されていなければなりません。
  • 果物や野菜の農家。これらの農場もQS審査の一環として検査される。品質と衛生に高い要求が課されます。
もっと見る
もっと見る
Mehrwert
Loading...

他の認証との併用が可能

QS認証は、食品産業や食品製造に携わる企業による他の承認や認証と組み合わせることも可能です。実際には、時間とコストの削減が期待できます。

QS認証は義務ではありません。しかし、現在では食品業界の多くの企業にとって標準となっています。また、HACCP、ISO 9001、ISO 14001など、他の認証や規格と組み合わせることができるという利点もあります。審査員は通常、検査に必要な時間を短縮し、追加認証に必要な労力を軽減することができます。

もっと見る
もっと見る
Chancen und Risiken
Loading...

製品・プロセスへの信頼性向上

特に食品業界では、消費者、取引先、仕入先、生産者からの信頼が非常に重要です。QS認証を取得することで、この信頼が独立した承認シールによって強化されることを保証することができます。多くの消費者にとって、QS認証は、製品を購入するかどうかを決める重要な判断基準となっています。

QS認証は、食品の信頼性を高める重要な機能です。貴社およびプロダクションチェーン全体のパートナーは、食品の品質と安全性に関する高い基準を、外部に見える形で示し、それを透明性をもって文書化する機会を得ます。これは、国内で販売される食品だけでなく、海外のパートナーとともに製造される製品にも適用されます。このようにして、消費者が食品を購入する際に重要なシグナルを与え、より安心感を与えることができるのです。

もっと見る
もっと見る
Business28.png
Loading...

QS認証取得までの流れ

最初のステップでは、貴社、貴社のマネジメントシステム、活動分野について、個人面談またはEメールで情報交換を行います。審査期間は企業の規模や複雑さによって異なるため、従業員数などいくつかの情報が必要です。これをもとに、個々のニーズに合わせた詳細かつ透明性の高い提案を迅速に行います。

貴社が準備でき次第、貴社と一緒に審査日を設定し、貴社の業界で必要な能力と経験を持つ認定審査員を選定します。認証審査では、当社の審査員が、貴社のマネジメントシステムが規格の要求事項を満たしているか、改善の可能性はあるかなどを評価します。最終的な話し合いでは、DQS審査員から、貴社にとっての改善の可能性の説明を含む詳細な結果説明を受けます。必要に応じて、アクションプランが合意されます。

その後、審査報告書を作成し、貴社を評価します。

審査とその結果は、DQSの独立した認証委員会によって評価され、認証書の発行が決定されます。審査結果を記録した審査報告書をお渡しします。不適合があった場合は、この時点で修正し、適切な措置を講じる機会が与えられます。適用されるすべての要求事項を満たしている場合、1年間の有効期限付きで認証書が発行されます。

フォローアップ審査は、6ヶ月後、12ヶ月後、24ヶ月後に実施することができます。サーベイランス審査か再認証審査かは、お客様のプロセスレベルにより異なります。

Banking13.png
Loading...

QS認証の費用はいくらですか?

QS認証の費用は、特に、貴社の規模やプロセスの複雑さによって異なります。御社に合わせた個別の提案をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

Business2.png
Loading...

なぜ企業はDQSのQS認証に取り組むべきなのでしょうか?

  • 審査員の高度な専門知識と長年の経験
  • 世界80ヶ所以上の拠点での個人的なコンタクト
  • 豊富な業界知識
  • すべての審査を一元化
Contact-us1.png
Loading...

見積もりを依頼する

DQS Japanからお見積りを提供いたします

QS認証取得のためのカスタマイズされた見積りを提供させていただきます。