持続可能性マネジメントシステム評価のための検証ツール

IFS ESGチェックは、企業が健全な持続可能性管理システムを構築するための第一段階と、それを検証する第二段階からなる有効な自己評価です。IFS ESGチェックは、他のIFS認証と組み合わせることができます。

持続可能性管理システムの構築と維持のためのガイダンス

小売業者の持続可能性に関する要求事項への適合

ビジネス・パートナーや顧客からの信頼の向上

国際的に認められた検証者による外部確認

Contact-us35.png
Loading...

持続可能性マネジメントシステムの構築と維持のためのガイダンス

サステナビリティに関して企業に課される要求は、絶えず高まっています。顧客やステークホルダーはESG(環境、社会、ガバナンス)問題に関してより高い透明性を求めており、政策立案者もデューデリジェンスや報告に関する要件を急速なスピードで採用しています。様々な規制を理解し、体系的かつ効率的に対策を実施することは、特に中小企業にとって大きな課題となります。IFSのESGチェックにより、企業は現状を把握し、キャッチアップの必要性を評価することができます。これは、持続可能性管理システムを成功させるための効果的なツールです。IFS ESGチェックの結果は、DQSのような独立した第三者機関によって検証されます。

Business36.png
Loading...

IFSのESGチェックはどのような人に適していますか?

IFS ESGチェックは、ESG原則を事業戦略に組み込み、持続可能性管理システムを継続的に改善したいと考えている中小企業向けに作成されています。IFS ESGチェックは、既にIFS認証を取得している企業に適用することも、IFS認証を取得していない企業の独立した基準として使用することも可能です。

特に、IFS認証を既に取得している企業は、IFSの審査(IFS Food、PACsecure、HPCなど)の後に、必要に応じて直接検証を行うことができるため、ESGチェックを導入することで利益を得ることができます。どのオプションを選択した場合でも、検証はオンサイトまたはリモートで実施されます。

Business5.png
Loading...

IFS ESGチェックはどのように行われますか?

IFSのESGチェックは、柔軟なモジュール方式に基づいています。異なるモジュールと組み合わせることも、単独で実施することも可能です。企業は、サプライチェーンの個々のリスク(温室効果ガス排出、食品廃棄、水不足、人権に関するリスクなど)に焦点を当てるため、様々な自主的なモジュールから選択することができます。他のトピックに関するモジュールは近日中に追加される予定です。

ESGチェックは、選択したモジュールにかかわらず、常に企業の出発点となります。ESGチェックには11の要求事項と必須質問のリストがあり、企業はチェック(いわゆる自己評価)を実施する前にこれを完了させなければなりません。この自己評価で企業が提供する情報は、独立した第三者によって少なくとも年1回検証されます。この検証により、ESGチェックが企業の実際の進捗を表していることが保証されます。

IFS ESGチェックの結果は、企業が保有する他のIFS認証の結果に影響を与えることはありません。

Business28.png
Loading...

IFSのESGチェックの仕組みは以下の通りです。

企業は、自己評価書に記入し、その中で、持続可能性の多くの側面と企業におけるその実施について集中的に取り組まなければなりません。

記入したリストは、検証審査の少なくとも14日前までに審査員に送付する必要があります。注意:リストがより詳細に記入されていればいるほど、検証をより迅速に実施することができます。

カーボンフットプリントモジュールを選択した場合、カーボンフットプリントの算出は、検証審査の前に行わなければなりません。

貴社の準備が整ったら、貴社と審査日を設定し、貴社の業界で必要な能力と経験を持つ承認された審査員を選びます。検証審査では、審査員が自己評価で提示された文書とデータを確認します。また、選ばれた担当者へのインタビューも行われます。追加モジュールを除き、審査は2~4時間を予定しています。最終ミーティングでは、審査員が結果の詳細なプレゼンテーションを行います。審査は、オンサイトまたはリモートで実施することができます。

検証審査の結果は、ポイントで測定されます。ポイントの合計数により、AからEまでの最終結果が反映されます:初級から中級、上級まで。このシステムは、継続的な改善プロセスを促進し、企業が毎年結果を改善する機会を提供するものです。

IFS ESGチェックの異なるモジュールにおける結果は、互いに独立しています。IFS ESGチェックの結果は、他のIFS認証に影響を与えることはありません。

検証審査とその結果は、DQSの独立した認証委員会によって評価され、確認書の発行が決定されます。IFS ESGチェックの結果は報告書にまとめられ、改善アクションプランが発行されます。アクションプランは、受領後最大4週間以内に実行され、審査員に送付されなければなりません。対策の実施状況は、次回のESGチェックの際に確認されます。また、お客様には有効期間1年の確認書が発行されます。

1年経過後、確認書の有効期限は切れ、再審査を受ける必要があります。

Banking13.png
Loading...

IFS ESGチェックの外部検証の費用はいくらですか?

IFS ESGチェックの検証費用は、特に、企業の規模、追加モジュールの選択、プロセスの複雑さによって異なります。追加モジュールを使用しない場合、審査は2時間から4時間かかります。貴社に合わせた個別の提案をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

Business2.png
Loading...

DQSに期待できること

- IFSの全審査を1社で行うことができる。- 審査員の高い業界経験と知識- 個人的かつ有能なコンタクトパーソン- 高いレベルのソリューションと顧客志向

Contact-middle-east-man-shutterstock_1135132556.jpg
Loading...

見積もりを依頼する

DQS Japanからお見積りを提供いたします

IFS ESG検証のためのカスタマイズされたお見積りを提供させていただきます。