品質管理とは、「品質」に明確な焦点を当てた組織の管理・運営を行うことです。その目的は、製品やサービスの品質を設計・改善し、お客様の希望や期待に応えることです。品質マネジメントは、顧客満足度を高め、新規顧客を獲得し、ひいては競争力を高めることに貢献します。

品質マネジメント - 成功のための効果的な方法

プロフェッショナルな品質管理とは、決して外見上の印象を良くすることではありません。むしろ、社内外を問わず、自らのパフォーマンスを管理し、永続的に向上させるためのものなのです。

効率的な品質管理(QM)は、組織自身の可能性を現実的に評価し、発生するコストを最小化するのに役立ちます。競合他社よりも少しでも「良い」存在になることに成功してこそ、将来にわたって組織の成功が約束されるのです。これこそが、顧客の期待に応えるための、わずかな、しかし本質的な違いなのです。なぜなら、間違いを正すことは良いことですが、経済的な観点からは、最初から間違いを犯さない方がはるかに良いからです。

コンテンツ
  • 品質マネジメントが必要なのは誰か?
  • 品質マネジメントの重要性とは?
  • 品質マネジメントの目標とは?
  • 品質マネジメント - 企業にとってのメリット
  • 品質マネジメントシステムのメリット
  • 品質マネジメントの課題は何ですか?

品質マネジメントが必要な人は?

将来的に成功を収めたいと考えている組織は、業種や規模に関係なく、何らかの形で品質マネジメントに依存しています。体系的な品質マネジメント(QM)を行うことで、目標や対策を効率的かつ効果的に実施することができます。副次的な効果として、目標とする品質管理を通じて、品質に対する包括的な理解を深めることができます。顧客をよりよく理解し、提供するサービスの範囲を継続的に改善し、その結果、長期的に競争力を維持することができます。

品質という言葉は数千年の歴史があり、比較的抽象的なものです。しかし、国際的な「概念規格」であるISO9000の導入により、この用語は企業にとってより具体的なものになりました。この規格は、国際的な品質マネジメント規格であるISO9001を正しく理解し、実施するための基礎となるもので、品質マネジメントを 次のように定義しています。

「品質に関して組織を管理・統制するための調整された活動」です。

品質マネジメントにとって最も重要なのは、規格要求事項に含まれる「品質マネジメントシステム」です。 ISO 9001規格に準拠しています。この規格は、企業が品質に関する自らの努力を評価するための正確なベンチマークを提供します。ISO 9004は、組織が持続的な成功を収めるための能力を向上させるためのガイドラインを提供しています。

ISO 9000ff 規格シリーズ

ISO 9000:2015-11を参照してください。品質マネジメントシステム - 基礎と語彙
ISO 9001:2015-11。品質マネジメントシステム-要求事項

ISO 9004:2018-08を参照してください。品質マネジメント-組織の品質-持続的な成功を達成するためのガイダンス

継続的かつ包括的な品質管理は、ビジネスプロセスの複雑さを軽減します。そうすることで、機会、リスク、相互関係がより透明化されます。品質マネジメントが的確に行われれば行われるほど、製品やサービスの品質に影響を与える技術的、組織的、人的要因がよりよく理解されるようになります。

これにより、社内外のすべての利害関係者の期待を特定し、体系的に満たすことができるようになります。また、適切な経営戦略と明確なコミュニケーションにより、組織の評判も向上します。つまり、体系的な品質マネジメントは、競争力の確保に直接役立つのです。

品質マネジメントの意義とは?

品質マネジメントは、最優先される継続的かつ包括的な経営課題です。しかし、それは共同作業でもあります。組織のトップマネジメントは、すべての決定に責任を持ち、指示します。また、品質改善プロセスを可能にし、それに必要なリソースを提供しなければなりません。しかし、経営者は自らも積極的に行動し、従業員の活動を支援しなければなりません。

従業員は要求事項を実行し、成功のために同じ重要性を持っています - 顧客との接触であれ、経理であれ。簡単に言えば、ある組織が、すべての領域と機能において、すべての従業員の参加によって、サービスや製品を品質面で最適化する場合、これを品質マネジメントと呼ぶのである。

したがって、品質マネジメントとは、組織のサービスを、顧客やすべての重要な利害関係者の要求を満たすように設計するために必要な、あらゆる手段を計画し、実現することである。

QMシステムの目標とは?

ISO9001による品質マネジメント

一般的に「品質」という言葉には3つの側面があります。

  1. 製品、システム、またはプロセスの中立的な特性
  2. 製品、システム、またはプロセスの品質
  3. 製品、システム、プロセスの背後にある姿勢

顧客やその他のステークホルダーが品質について語るとき、ほとんどの場合、2番目か3番目の次元を意味します。これは、期待を生じさせるものである。ステークホルダーは、製品、プロセス、システムに対して一定の品質を期待しています。企業や組織は、この品質を実証しなければなりません。

これは、専門的な品質管理システムによって行うのが最善です。なぜなら、企業がすべての努力を体系的に、継続的に、明確な目標を持って実施してこそ、利害関係者の要求を満たすことができるからです。これらの要求事項には、以下のようなものがある。

  • 製品およびサービスの品質に対する顧客の期待
  • ガイドラインや要求事項への準拠を求める法的な要求
  • ビジネスプロセスに対するパートナーやサプライヤーの要求
  • プロセスや企業文化に対する従業員の要求

したがって、品質とは本質的に、組織が内部で満たさなければならない外部からの要求に基づいている。これらの要求事項は常に変化し、成長し、新しい社会的傾向に合致しているため、効率的かつ効果的に要求事項を満たす方法を見つける必要があります。

このため、品質管理は、財務や人事管理のタスクと同様に、中核的なタスクとなります。

品質マネジメント - 組織にとってのメリット

品質マネジメントシステムが機能していれば、すべての利害関係者(ISO規格では利害関係者と表現しています)の既存の要求事項を知り、それを満たすことができます。さらに重要なことは、組織が継続的に自らを改善することです。これにより、将来の要求事項を予測し、変化に対してより迅速に対応することができるようになります。

そうして初めて、統合的かつ継続的な品質マネジメントと言えるのです。これは、あらゆる組織にとってメリットがある。

  • バリューチェーンはより透明化され、よりスリムになり、より迅速に対応できるようになります。
  • バリューチェーンはより透明化され、スリム化され、より迅速に対応できるようになります。
  • エラーが発生する前に回避される。
  • リスク最小化、エラー修正、冗長性などのコストが削減される。
  • 顧客と従業員の組織への忠誠心が高まる。
  • 新たな付加価値を生み出す可能性が早期に発見され、処理される。
  • スループットと処理時間が短縮される。
  • イメージが向上する。

品質マネジメントシステムのメリット

品質管理システムは、いくつかの別々のポイントから始まります。組織構造、手順、プロセス、組織内の個々の品質要件を満たすために必要なリソースなどです。

専門的な品質管理システム(QMシステムまたはQMS)により、体系的な品質管理を可能にするフレームワーク条件が定義されます。そうすることで、構造的・手続き的な組織と、すべての品質タスクの実行を正確に定義することができるのです。QMSを導入することで、品質に関するリソースと手段をより適切に調整し、計画し、測定することが可能になります。効果的な品質マネジメントシステムにより、以下のことが可能になります。

  • 顧客満足度の向上
  • 明確な責任の所在
  • 従業員のモチベーションを上げる
  • ミス防止によるコスト削減
  • 競争力の向上
  • 起こりうるリスクの低減
  • イメージアップ

品質マネジメントの課題とは?

他の経営分野と同様に、事業活動を評価し、管理するために、品質マネジメントの課題、指標、測定方法を開発する必要があります。これらの方法がプロセスおよびシステム指向であればあるほど、変化する市場の要求に適応することができます。結局のところ、顧客の性能に対する要求は、今日や明日だけ存在するわけではありません。しかも、社会的、社会的、環境的、あるいは個人的な要因によって、常に変化しているのです。

したがって、品質マネジメントには4つの責任領域があります。

  1. 品質計画品質計画:計画、設計、開発。すなわち、品質目標を定義し、それに従って(どのプロセスおよびリソースで)実施することに焦点を当てた品質マネジメントの部分。
  2. 品質管理。品質管理:調達、生産、販売、すなわち品質マネジメントのうち、実現のための方策に焦点を当てた部分。
  3. 品質保証。QMS のうち、要求事項が満たされているという信頼を得ることを目的とした部分。
  4. 品質改善。QMSのうち、継続的な改善に焦点を当てた部分。

1950年代にW.E.デミングが日本の自動車産業のために開発した「カイゼン」の考え方に近いものがある。デミングはPDCAサイクルを並行して有名にし、現在ではISO9001による品質マネジメントの中心的な構成要素の一つとなっている。

PDCAとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)のことである。このサイクルは、継続的な改善プロセスを4つの段階に分けている。

  1. PLAN:適切な対策と品質マネジメントの課題を特定し、計画する。
  2. DO:対策や作業を実施する
  3. CHECK:成功を測定する
  4. ACT:測定結果を次の改善サイクルの原動力とする

継続的改善とは、すべての行動は改善可能なプロセスであり、スモールステップで常に最適化できるという前提のもとに行われる。このようにデミングは、画期的な大掛かりな対策ではなく、日常のビジネスにおける根本的な改善意識を提唱している。

したがって、問題は(単発の)障害であり、(単発の)解決策が必要なのではない。新たな改善の仕組みや品質管理の課題を生み出す原動力なのです。

あなたも、品質マネジメントを新たな次元に引き上げませんか?DQSのエキスパートが喜んでお手伝いします。

もっと見る
もっと見る

品質マネジメント ISO 9001

ISO 9001:2015による品質マネジメントシステム、またはQMSは、顧客やその他の関係者の期待に焦点を当てています。このシステムには、指定された要求事項に基づいてプロセスを計画、制御、最適化するためのすべての手段が含まれます。ISO 9001は、業界を問わず、また組織の種類や規模を問わず適用できる品質要求事項を定めています。プロセス指向のアプローチにより、品質マネジメントシステムを個別に、かつ要求事項に沿って設計するための参照フレームワークを形成しています。

Blog
qualitaet-dqs-bunte Bausteine
Loading...

ISO9001の歴史 - サクセスストーリー

Blog
DQS Blog
Loading...

セミナーのご案内:ISO9001 品質マネジメントシステム

品質マネジメントの要求事項

品質管理要求事項

Blog
qualitaet-dqs-bunte Bausteine
Loading...

ISO 9001における組織の知識 - 規格には何が書かれているのか?

Blog
qualitaet-dqs-bunte Bausteine
Loading...

ISO 9001におけるリスクベースのアプローチ

Blog
qualitaet-dqs-bunte Bausteine
Loading...

品質マネジメント7原則

CIP 継続的改善プロセス

ISO9001による品質マネジメントシステムの中核は、計画した目標を達成するために組織を組織的かつ継続的に改善することです。この考え方は、日本の経営哲学である「改善」に遡るもので、通常「より良い方向への変化」と訳される。この継続的改善プロセス(CIP)は、以前は「継続的改善プロセス」とも呼ばれ、工程品質、プロセス品質、製品品質、納品能力、サービス品質の小さな改善を継続的に達成することを目的としています。

Blog
qualitaet-dqs-bunte Bausteine
Loading...

継続的改善プロセス(CIP)

品質管理におけるデジタル化

デジタルトランスフォーメーションが本格的に始動しています。新しいデジタル技術の開発がますます加速する中、この変化のプロセスはさらに加速していくでしょう。品質管理もこの変革から免れることはないでしょう。むしろ、組織の品質管理は、この変革がプロセスや管理システム、情報品質やデータ品質に与える影響についての知識を習得し、リスクを認識する必要があります。そして、データ品質、分析、予測、品質保証プロセスのデジタル化、コラボレーションにおけるネットワーク化など、デジタル化がもたらす機会を活用することができるのです。

Blog
qualitaet-dqs-bunte Bausteine
Loading...

情報セキュリティと品質マネジメントの融合

自動車産業における品質管理

自動車産業における品質管理

Blog
automotive-dqs-kfz in futuristischer farbgebung
Loading...

IATF - 自動車産業におけるリモート審査